仮想通貨への投資には、手間を惜しまず、長期的に腰を据えて見れる人が向いています。

仮想通貨に向いている人

 

仮想通貨に向いている人の特徴を紹介します。
実際に仮想通貨の活用に向いている人は海外との取引が多い人や、ネットサービスでお金を使う機会の多い人です。
ここでは仮想通貨投資に向いている人の特徴をまとめました。

 

過剰資金の中で投資できる人

 

仮想通貨のハイリスク・ハイリターンをイメージした階段とヒント

仮想通貨は投資商品の中でもハイリスク・ハイリターンです。
最悪のシナリオでは国際的な規制強化によってビットコインも一切普及しなくなってしまう可能性があります。
もし普及するのが困難になればビットコインでも限りなくゼロに近い値段まで下がってしまいます。

 

反対に仮想通貨が普及して日常的な決済手段として世界に広がれば、ビットコインの発行枚数でも1枚1,000万円以上の値段を付ける可能性があります。
長期投資する場合は、失っても良いと思える過剰資産の中で投資して、ちょっとした値動きに一喜一憂するのではなく長期的に腰を据えて見れる人です。

 

仮想通貨の売り時の見極め方

 

テクニカルよりもファンダメンタルの重要性が高い

 

投資の分析手法はテクニカルファンダメンタルの2種類があります。
テクニカルとはチャートを中心に過去の値動きを分析する手法です。ファンダメンタルは仮想通貨のニュースやシステムのアップデートなど理屈で分析するものです。

 

株や外貨など歴史の長い投資商品はチャートで特定の傾向が現れていて、チャートを見るだけで今後の値動きを予想するのは比較的簡単です。
仮想通貨もチャートに忠実な値動きをするケースはありますが、まだデータも少なく値動きも荒いため、チャートを無視した荒い値動きを見せることがよくあります。

 

両方を使い分けることが理想ですが、チャートに依存するよりもファンダメンタル分析をしっかりできる人が向いています。
しっかり仮想通貨の仕組みを勉強して、規制情報など最新ニュースなど小まめに情報収集することが大切です。

 

手間を惜しまない人

 

仮想通貨投資を本格的にしている人の多くは海外の取引所を利用したり、複数の取引所に登録して幅広い銘柄を買える環境を作っています。
実際に投資するかは別にして、選択肢を広げるのはとてもいいことですし、限られた銘柄しか取引できない人よりも有利な環境です。

 

複数の取引所に登録するには手間がかかりますし、海外の取引所は注意点が多く国内の取引所と使い勝手やルールの違う面もあります。

このように海外取引所の活用や複数の取引所の登録を面倒だと感じて、簡単に取引できるところだけで投資しようと楽をしたがる人は勝てる確率が低いです。

 

取引所の登録など手間を惜しまない人は投資に有利な環境を作れるので仮想通貨投資に向いています。

 

感情的にならない人

 

パチンコや競馬などのギャンブルで1万円だけ使おうと思っていたのに、すぐに熱くなって1万円以上使ってしまう人は仮想通貨をはじめ投資には向いていないです。
ほかにも、洋服を衝動買いして、このシーズンはもう服を買わないと思っていたのに、欲しい服を見つけるとすぐに買ってしまう人も適正は低いです。

 

感情的にならずに常に冷静な判断ができる人が投資に向いています。
日常生活にたとえると、自分に厳しくて我慢できる人は仮想通貨に向いています。

投資で失敗する人の多くは、損益に対して感情的になってしまいセオリーや計画を無視した取引をしています。