仮想通貨を日本円に換金するための手順とその流れについて解説しています。

日本円に換金する

 

仮想通貨を日本円に換金するには、基本的に国内の取引所を活用し、日本円(JPY)との取引で両替する流れになります。
日本円に対応している国内の取引所は、日本円に戻していればWeb上から出金指示を出して銀行口座に戻して換金できます。

 

海外取引所を利用している場合は、一度日本の取引所に仮想通貨を送金する手間が増えます。

 

取引ペアは複数ある

 

ビットコインとウォレット

 

ビットコインを取引する場合は、日本円から両替するのがもっとも普及した方法です。
この場合、ビットコイン(BTC)×日本円(JPY)のペア取引になります。
取引所によって同じ銘柄でも複数の通貨でペア取引が可能な場合があります。

 

たとえばBTC×USD(米ドル)のように海外の法定通貨と取引できる場合もあれば、BTC×ETH(イーサリアム)のように仮想通貨同士のペアによる取引もできます。

 

現物の場合、JPYを相手にしたペア取引は日本円との両替を意味しています。
最初に日本円を入金してビットコインを買った場合は、ビットコインを売って円を手にすることで換金できます。

 

BTC×ETHのように仮想通貨同士の取引の場合は、取引を終了した時点でいずれかの仮想通貨として手元に資産が残ります。

 

そのまま仮想通貨として活用しても良いですが、日本円に換金する場合は再度JPYを相手にしたペア取引をして日本円に戻さないといけません。

 

FXの場合は仮想通貨同士の取引でも両替不要で換金できる場合がある

 

国内のFX業者を使うことが前提ですが、FXは現物で仮想通貨を受け取ることはできず、一度取引をしたら最終的には反対決済をしないといけないルールです。

 

たとえばBTC×JPYでビットコインを現物で買った場合、日本円に戻すにはBTCをJPYとのペアで売らないといけませんし、買ったビットコインをそのまま活用できます。
FXで同じBTC×JPY取引をしてビットコインを買ったら、最終的にはビットコインを売って取引を完結しないと換金できません。

 

ここでポイントになるのは、仮想通貨同士のペアです。FXは買った銘柄を現物利用できない特性から取引所が仮想通貨同士のペアでも日本円から自動両替してくれるケースがあります。
最初に日本円で入金すれば、すぐにBTC×ETHなど仮想通貨取引も可能になります。反対取引をして完結させれば口座残高は日本円で反映されます。

 

現時点でのビットコインFXはJPYとのペア限定のものが多いですが、今後仮想通貨同士のペア取引外貨ペアにも対応していく可能性があります。

 

出金手数料に注意

 

仮想通貨は取引手数料よりも出金手数料の方が高いケースもあります。
相場は1回あたり400円前後の手数料を取られます。頻繁に日本円に換金して引き出したい場合は出金手数料の安さを重視しましょう。
大手取引所では通常の出金手数料は高いけど提携してるネットバンクと連動させれば無料で出金できるサービスを用意しています。

出金頻度に応じて手数料を節約する工夫をしましょう。

 

ネットバンクによるリアルタイム入出金は即時反映されるメリットがあります。通常の銀行振込だと2~3営業日の時間がかかる取引所もあります。

 

また手数料の節約やシステム障害の対策として複数の取引所に登録することをオススメします。