仮想通貨はインターネット活用した新しい取引形態を目指して開発された通貨です。

初心者でもわかる仮想通貨の取引方法と換金の流れ

 

仮想通貨ビットコイン

 

仮想通貨は2017年にビットコインをはじめ多くの銘柄の暴騰により一気に投資ジャンルとして注目されました。
芸能人も仮想通貨投資をしている話題が多く、これから始めようと考えている方が増えています。
仮想通貨に投資するには、まずは取引所に登録しないといけません。
さらに投資方法には現物、FX、レバレッジ取引など様々な種類があり、現物をやる場合は取引所とは別に販売所という選択肢もあります。

 

レバレッジやFXは名前は効いたことはあっても、意味までしっかり理解していない人が多いでしょう。
さらに取引所と販売所の違いなど、仮想通貨投資は複雑な仕組みになっています。

 

当サイトでは仮想通貨の取引開始から換金までの流れを初心者向けに極力難しい用語を使わずに解説しています。

 

そもそも仮想通貨とは

 

私たちが日常で使っている円は法定通貨と呼び、貨幣が発行されて現金でのやり取りができます。
電子マネーや銀行振込、ネットバンク、クレジットカードの決済代行サービスなど現金を使わずに支払いや金銭のやり取りをすることも可能です。

 

法定通貨は国によって使っている種類が違います。
たとえばアメリカではアメリカドルを使っていて、ドイツでは国の法定通貨であるポンドと欧州連合(EU)の法定通貨にあたるユーロの2種類を使えます。
発展途上国では、自分の国の法定通貨と米ドルなど外国の法定通貨の両方を扱っていることもあります。

 

仮想通貨ビットコインを持つ指

 

日本で見れば、基本的に国内で使えるのは日本円のみで海外で日本円をそのまま使える国はありません。
海外旅行に行ったり、海外と取引をするときは相手の国の法定通貨に両替をする流れになります。

 

仮想通貨は、法定通貨で面倒な国境の壁を壊して、インターネットを活用した幅広い活用方法を目指して開発された新しい通貨の形です。
仮想通貨と呼ばれるくらいなので法定通貨のように貨幣は発行されずにインターネット上で管理されるお金です。

 

国ごとで異なる通貨を使っている現在の常識を覆して、仮想通貨があれば世界各国で使えるようになります。
たとえば、ビットコインを保有すればアメリカや中国でも1つの通貨で取引できるようになって国内でも活用できるようになります。

 

ビットコインとは

 

現物、レバレッジ取引、FXの違い

 

仮想通貨の投資商品は主に現物、レバレッジ取引、FXの3種類があります。
現物取引とは、単純な両替による取引で実際に取得した仮想通貨を実用できます。

 

後に説明しますが、仮想通貨は海外の取引所の需要も高く、海外取引所では円建てに対応していないため、ビットコインなど仮想通貨を海外取引所に送金する流れになります。
つまり、仮想通貨投資において現物かレバレッジ・FXかはとても重要になります。

 

仮想通貨の値動きをパソコンで調べる

 

現物で取得した仮想通貨は自由に使うことができます。
値動きをした後に再度日本円に両替すれば変動レートに応じた損益が発生しますし、第三者に送金したり、仮想通貨決済に対応している所でお金として使うこともできます。
レバレッジ取引FXの用途は投資に限定されて、仮想通貨を買っても活用することはできず、どこかで反対取引(買った場合は売る)をするルールがあります。

 

レバレッジとFXは証拠金取引とも呼ばれていて、まずは取引所に入金をして、その資金を担保にして仮想通貨取引をすることを条件にお金を借りる仕組みです。
取引所に預けた証拠金に対して実際に取引できる金額との倍率をレバレッジと呼びます。

 

たとえばレバレッジ2倍の場合、10万円の証拠金を入れると20万円分まで仮想通貨を買えるようになります。
少ない投資金で大きな利益を出せる一方で、短期間に資産を減らしたり、入金した証拠金以上の損失が出て借金を抱えてしまうリスクもあるハイリスク、ハイリターンの投資法です。

 

レバレッジ取引は信用倍率(レバレッジ倍率)が低いですが、投資した仮想通貨の一部も保証金として扱われます。

 

たとえば現物でレバレッジ2倍でビットコインを10万円分買った場合に、ビットコインの評価額の30%を証拠金として扱われて、レバレッジ2倍なら証拠金の2倍相当をレバレッジ取引で買うこともできます。
FXはレバレッジ専用取引になり、FX専用取引所が用意されて現物で買うことは一切できません。そのかわり25倍など高い信用倍率で取引することも可能になります。

 

またレバレッジ取引とFXは売り建てをすることもできます。売り建てとは保有していない仮想通貨を売ることです。
最終的には買い戻して取引を完了する流れになりますが、今後仮想通貨の価値が下がると予想して投資することも可能です。

 

 

取引所とは

 

仮想通貨投資をするには取引所に登録しないといけません。
取引所は株や通常のFXでいう証券会社のようなものです。取引所ごとに扱っている市場(現物、FX、レバレッジ取引など)と上場銘柄が異なります。
証券会社が取引所を運営していることもあれば、仮想通貨ブームで異業種から参入して取引所を運営しているケースもあります。
日本は仮想通貨取引の規制が厳しく、国内で取引所を運営するには金融庁に仮想通貨交換業者の登録をしないといけません。

 

取引所に登録する

 

仮想通貨の取引所を大きく分類すると国内取引所海外取引所の2種類があります。

 

国内取引所

国内取引所は登録業者しか運営できないため信頼性が高く、日本円を使った取引が可能です。
ただし、上場できる仮想通貨の基準が厳しいため海外取引所に比べると上場銘柄の数が少ないです。

 

海外取引所

海外取引所は日本円での取引ができず、英語がベースになります。(取引所への登録までは日本語サポートしているところもあります)
信頼性と利便性は劣りますが、まだ価値の低くてこれから成長を期待できる幅広い仮想通貨が上場しています。
海外取引所でも登録はネット上で完結できるので、海外の証券口座を開設するよりも難易度は低く手軽に利用できます。

 

 

取引所と販売所の違い

 

取引所は仮想通貨取引をしたい人同士が注文を出し合って成約した場合のみ両替できる場所です。
販売所は業者が窓口になって仮想通貨の両替を行っている所で銀行の外貨両替サービスの仮想通貨版といえば分かりやすいでしょう。
販売所は現物のみで、国内の販売所の大半はビットコインのみの取り扱いです。
注文を出せば店頭表示してある価格でほぼ確実に両替を完了できますが、レートは取引所よりも悪い条件になります。

 

 

取引所の登録方法

 

初心者マークとパソコンの画像

 

取引所によって登録方法は異なりますが、一般的な手順は以下の通です。

 

メールアドレス送信
返信メールのURLより申込情報を入力して送信
本人確認書類をWebアップロードなどで提出
郵送による申込完了書類の発行、及び郵送書類による本人確認
登録完了、指定口座に入金すれば取引可能

 

 

上記は国内取引所の一例です。海外取引所では3番の本人確認書類提出と4番の郵送による書類発行は不要でGoogle認証を活用しているケースが多いです。
株式投資するための証券口座よりも仮想通貨取引所の登録は簡単で、早いところでは1営業日で取引可能になる所もあります。

 

国内の取引所であれば、仮想通貨を売って日本円に戻せば出金指示にてすぐに換金できます。

 

海外取引所は日本円を扱っていないので、まずは日本の取引所を作ってビットコインなど仮想通貨を購入。
その後仮想通貨で海外取引所に送金してから取引をします。換金時も同様に海外取引所から日本の取引所に仮想通貨を送って、仮想通貨と日本円を両替してから出金指示する流れになります。

 

現物であれば、日本円に戻さずに仮想通貨として活用することもできます。